バックナンバー

建設の基本情報

職務内容と行程内容は

建設業の公共工事の仕事の流れ

  • トップ /
  • 建設業の公共工事の仕事の流れ

建設は多くの専門業者で成り立つ

建設業を営む会社にも、大手のゼネコンから中堅・下請業者など、企業規模やその専門性によってさまざまな分類が可能です。建設という業務は、1社が全ての業務を完結できるほどシンプルではなく、その仕事は複雑多岐に渡っています。その仕事の流れを、公共工事を中心に見てみることにします。公共工事の場合、自治体などが一般競争入札や指名競争入札によって、より安価で確実な建設業者を選別することから始まります。落札した業者は、その工事内容をすぐに設計部門に回し、基本設計・実施設計などの具体的な業務に着手し、完成後の絵姿をかたちにしていきます。もちろん、自治体との連絡や調整作業が必要になってきますが、それが済めば、あとは仕事を細分化し、どの業務を自社で完結し、どれを下請業者・専門業者に任すかなどを決定していくのが大きな流れです。建設工事のなかには、建物なら基礎の部分を作る土木工事、足場などの組み立て工事、電気配線工事、空調工事、機械設備工事など、その専門家にパーツパーツを任せ、コーディネートするのが元請業者の役割になります。換言すれば、さまざまな専門業者をコーディネートするものと言えるかもしれません。また、元請業者は下請の仕事の流れを逐次チェックし、計画期間に遅れはないか、業者同士の連携は取れているかなどをしっかりと確認し、最終的な仕上げさえも専門業者に任すことが往々にしてあるのです。建設という仕事は、設計から施工・完了まで実に多くの専門家が腕をふるいます。それゆえに、公共工事が経済の活性化やGDPの底上げ等に果たす役割は大きいのです・

↑PAGE TOP