バックナンバー

建設の基本情報

建設に関する職務内容

建設業界の仕事の内容について

  • トップ /
  • 建設業界の仕事の内容について

建設業の様々な業務内容

ビルやマンション、各種施設の建設を行う会社には、様々な業務内容で働く社員たちがいます。まず法律上、28種類の業種が存在しますが、それらは一式工事と専門工事に分類されています。一式工事は、一般的な土木工事や建築工事などで、まとめて請け負う大手の総合建設業者が存在します。一方、専門工事とは、大工や左官、塗装などです。内装を仕上げる仕事も、専門工事に分類されます。ただしこれらは互いに関係しているため、工事現場では多くの専門業者が出入りしています。また建設会社の業務内容も多岐にわたり、設計者や現場の管理者、資材の調達責任者などが協力して一つのプロジェクトを完成させます。その他、社内の食堂で働く人や、清掃関係の従業員たちもいます。事務職としては企業の対外的な窓口や、建設会社としての接客の仕事もあり、内容から女性が仕事に就いているケースが多く見られます。この業界の特徴としては、必ず納期があるため、従業員に責任感が求められます。さらに作業現場では、少しのミスが大きな事故につながることもあります。しかし建設業界の仕事は、それだけやりがいを感じられる仕事であり、都市部を中心に全国で多くの求人があります。

↑PAGE TOP